今考えて見たら、頑張っていたからこそ、体が知らず知らずのうちに悲鳴をあげていたのです。